fbpx

3層式テントサウナ
MORZH(モルジュ)

¥160,000 ¥180,000 税別

DETAIL

断熱性の高い3層式の幕

テントにはキルティング素材「サーモスティック」を採用。高密度の幕の内部に断熱材が入っており、外の冷気をシャットアウト、内部の熱も逃がしません。表面の幕には耐熱性が高く、マット質の素材を採用しており、マイナス20℃以下になるロシアにも耐える機能性を有しています。水を扱うためフロアレス構造なのも特徴。

ハイパワーな対流式ストーブ

「INTENT STOVE」はサイドパネルを開くことによって、対流を生みます。下から冷たい空気が取り込まれ、暖めながら上部へ流れていきます。対流が作られるため、ロウリュした蒸気が自然と降り注ぎます。ストーブ自体の燃焼効率も高く、薪の消費量が少ないのもポイント。また、排煙と炉のスペースが区切られているため、
雨が直接炉に入り込まない構造になっています。

景観を楽しめる大きな窓

サイドの2面には、景色を楽しめる大きな窓。清流を眺めながら、富士山を臨みながら、雪景色を見ながら…。開放感のある明るい採光窓は、窮屈さを感じさせません。自然の環境をサウナ内に反映させるのは、テントサウナの醍醐味。

初心者もラクラク設営可能で、超コンパクト

MORZHはポール2本で自立するシンプルなフレーム構造が特徴。1人でも設営が可能で、ペグダウン前は移動も可能です。ポールは幕の内側に収納される構造になっていて、テント内が高温になっても直接触れてヤケドしないよう配慮されています。テントとストーブは非常にコンパクトになるため、軽自動車でも積載可能。徹底的にサウナに特化した作りでありつつ、ユーザーに優しい設計です。雨が直接炉に入り込まない構造になっています。

MORZHの由来

ブランド名の「MORZH」はセイウチを意味する。ロシア語ではモルジュ。寒中水泳を楽しむ人々をロシアではセイウチとあだ名することに由来する。氷の貼る極寒の湖にもダイブできるほど本格的なサウナ(ロシアではバーニャと呼ぶ)。とにかく熱い蒸気浴を好むロシア人が絶賛する新鋭テントサウナブランド。

オプション

Sauna Stone (20kg)

Sauna Stone (20kg)

蓄熱性の高い火成岩。熱に強く、ストーン内部に空気を含まないため、爆ぜたり割れたりしにくい。ざらつきがあって表面積が広いため、ロウリュしたときに水が滑り落ちず蒸発しやすい。

  • テントサウナとのセット商品となります。サウナストーンのみのご注文はできません。
  • テントサウナ使用時は必ずサウナストーンをご使用下さい。川原の石などを使用すると、爆ぜてケガをする場合がございます。
  • セラミック製サウナストーンについて
    MORZHではセラミック製サウナストーン(ケルケス等)はお使いいただくことはできません。セラミック製ストーンは業務用サウナストーブでの使用を前提としており、テントサウナのストーブで使用すると爆ぜるなど事故に繋がる恐れがございます。香花石など天然のサウナストーンをご使用ください。

Stone holder

Stone holder

ストーン設置用のホルダーパーツ。熱効率の一番良い煙突近くにストーンを設置することができるようになります。ストーブ天板の保護にも役立ちます。

Water tank

Water tank

ストーブに連結して使用します。あらかじめ水を入れておいて火入れすると煙突の熱で自動的に温まり、コックをひねるとお湯が出てくるという仕組みです。乾燥ヴィヒタを戻したり、軽くお湯を浴びたいといった時に重宝するアイテムです。

Warm Mat

Warm Mat

床面に接続できる断熱マット。寒冷地や雪上設置の際に重宝します。MORZHは内部で水を使うためフロアレス構造となっていますが、マットがあれば地面からの冷気をシャットアウトできます。4つに分割可能なので、ストーブの位置のみ敷かないという使い方が可能です。濡れて滑りやすくなりますので、転倒にご注意ください。

Rain cover

Rain cover

雨天時に活躍するMORZH専用レインカバー。MORZHは3層構造を維持するためキルティング仕上げとなっており、一般的なテントと異なり縫い目があります。そのため非常に強い雨が降ってくると縫い目から浸水することがありますが、レインカバーをつけていれば雨漏り知らずです。

前室カバー

前室カバー

MORZHに接続して使う前室パーツ。長さ1.2 m、幅2 mを前室として使用することができます。着替えスペースのほか、休憩用に椅子などを設置してタープのように活用するのがおすすめです。

この商品の仕様

サイズ

テント:
W205*D205*H195cm(設営時)W70*D38*H25cm(収納時)
ストーブ:
W23.5(拡張時28.5)*D60*H42.5(拡張時57)cm

重量

テント:9kg
ストーブ:17.2kg

材質

テント:耐熱性コットンポリエステル「Thermosteck」
ストーブ:AISI 430スチール

ご注文時のご注意

・ご予約中の製品のキャンセルに関しましては、予約期間中に限りお受けいたします。

・お客様都合による返品・交換はお受けできません。

その他ご不明な点がございましたら、お問い合わせからご連絡ください。

よくある質問

  • テントサウナって?

    専用構造を有したテントの中にサウナ用薪ストーブをインストールすることで、アウトドアでサウナを楽しめるギアです。なお、テントサウナ®及びTENT SAUNA®は株式会社メトスの登録商標です。

  • 購入後の保証はありますか?

    初期不良の際は、新しいものと交換させていただきます。

  • アフターサポートはありますか?

    パーツ紛失や破損があった場合、新品パーツのご手配をサポートさせていただきます。また、使用に関するお問い合わせなどにも対応させていただきます。なお、修理や補修などは行っておりません。

  • クレジットカードで支払えますか?

    申し訳ございません、銀行振込のみの対応となっております。

  • サウナの温度調整はできますか?

    基本的には薪をくべる量で調整します。また、熱すぎる場合は入り口をトグルで固定して解放しておけば、自然と温度が下がります。

  • コンクリートの上にも設置できますか?

    通常はペグで地面に固定しますが、コンクリートなどの場合には、鉄製ウェイトや土嚢などとロープを利用すれば固定可能です。

  • 夜間に使いたいんですが、照明は設置できますか?

    天井付近に設置すると熱で壊れてしまいます。地面の温度はそこまで高くないので、LEDライトなどを地面に設置し、間接照明のように採光していただくのが良いと思います。

  • ストーブ天板に擦り傷のようなものがありましたが、初期不良ですか?

    製造過程で発生するものですので、正常です。天板はサウナストーンを乗せて使用するので、使っているうちに多少の傷はついていきます。

  • ストーブから火の粉は上がりますか?

    MORZHのストーブは、比較的火の粉が上がりにくい設計となっております。

    ストーブの内部は、2つの部屋に別れています。手前の部屋で薪が燃焼して発生した煙は、奥の部屋に逃げる構造になっており、そこから煙突を伝って排煙されます。そこで火の粉の大半が落とされる構造です。煙突と燃焼室が直結しているストーブは、しばしば煙突から火の粉が上がりますが、MORZHのストーブは比較的その心配が少なく設計されております。また雨が煙突から入っても手前の燃焼している部屋には入らず、奥の部屋に入るので、火が弱まりにくいというメリットもございます。

    ただし、紙類などを燃やすと燃えカスが煙突より排煙されやすくなりますので、着火剤、薪ストーブ用のよく乾燥した薪以外のものは使用しないようお願いいたします。また、火の粉が絶対に出ないという構造ではございませんので、周辺環境をよくお確かめの上設置してください。

  • 煙はどのくらい出ますか?庭で使いたいですが、周囲への影響が心配です

    薪ストーブなのである程度の煙は出ます。温度が上がると無色透明になっていきますが、火入れ直後や薪の投入時、ロウリュしてストーブの温度が下がった時などに白煙が上がることはございます。煙の量を抑えるには、しっかりと乾燥した広葉樹の薪を使用することが重要です。サクラなどは煙が少なめで香りも良いため、住宅用薪ストーブでも人気です。周辺環境に十分配慮しながらお楽しみください。

  • 長さ何センチの薪まで使えますか?

    長さ40cmまでの薪は問題なくお使いいただけます。

  • 薪はどのくらいの量を用意すればいいですか?

    薪の種類、乾燥率、割り方、くべ方、外気温などによって変化しますので、一概にお答えするのは難しいですが、一般的なキャンプ場さんの薪束1つでおおよそ2時間程度は高温状態をキープできると思います。

  • 薪の種類にオススメはありますか?

    よく乾燥した広葉樹の薪をご使用ください。薪ストーブ専門店さん取り扱いのものが理想です。針葉樹は火力は強いですが煤がつきやすいので、火力調整に使う程度にしておくのがオススメです。

  • サウナストーンは繰り返し使えますか?

    サウナストーンは何度でも繰り返しご使用いただけますので、1箱(20kg)お買い求めいただければ問題ありません。

  • 河原の石はサウナストーンとして使えますか?

    石によっては内部に水分や空気が含まれていることがあり、加熱すると内部の圧力が高まって爆ぜる可能性があり大変危険です。当社取り扱いのものでなくても結構ですが、必ずサウナ専用のストーンをご利用ください。

  • メンテナンスは必要ですか?

    テント、ストーブ、それぞれ素材に応じたメンテナンスをすると、長くお楽しみ頂けます。

    ・テント
    使用後に内部をさっと水拭きし、乾燥させてから収納袋に入れる。濡れたままの状態では保管しない。雨に濡れた場合は数日以内に完全乾燥させる。汚れが気になる場合は年に1度程度を目安に、テント用洗剤、もしくは中性洗剤にて洗浄。洗剤洗浄を頻繁にやりすぎると、撥水コーティングが落ちてしまう可能性があります。

    ・ストーブ
    煙突やストーブ内部の煤落としが主となります。ブラシなどを使って煤を除去してください。水で洗う場合は柔らかなスポンジなどを使い、洗浄後はしっかり乾燥させてください。金属磨き剤の使用や、ヤスリやペーパーがけは行なわないでください。

  • 特定商取引法に基づく表記、プライバシーポリシー、利用規約について

    こちらのページをご覧ください。
    https://saunacamp.net/shop/tent/tokushoho/