Sauna Camp Festival 2019 開催のお知らせ Part.1

昨年大好評だったSauna Camp Festival、今年も開催決定です!ミネラルウォーターの採水地、山梨県・小菅村に、世界各国のモバイルサウナが大集結します!今年はサウナも出展ブースも大幅にパワーアップ。秋のサウナキャンプをみんなで楽しみましょう!申し込みはSauna Camp Festival 2019特設ページから!

 

テントサウナの祭典が今年も開催です!

日本で初めてのモバイルサウナの祭典となった「Sauna Camp Festival 2018」。全国から集まった120名のサウナフリークが、清流とモバイルサウナを心ゆくまで楽しみました。今よりもっとユーザーの少なかった去年は、ここでテントサウナを初めて体験したという方も多かったように思います。

商業的なイベントではなく、基本的にはボランティア&DIY。Sauna Camp.だけでなく、テントサウナオーナーの仲間たちにも手伝ってもらっています。「自然の中でサウナを思いっきり楽しんでほしい」「テントサウナの魅力を体感してほしい」そんな想いから始まったイベントでした。なかなか手が行き届かず、お客さんにも薪を運んでもらったり、火起こしを手伝ってもらったりしました。結果として、みんながゲストであり、ホストにもなってくれて、会場にはピースフルな雰囲気が満ちていました。

今年は去年の反省を活かしながら、さらにパワーアップします!サウナの数、出展者の数も熱々にしてます。テントサウナから清流へダイブしてみたい、自然と一体化する気持ち良さを味わってみたい、そんなかたのご参加お待ちしております!

 

出展サウナ紹介

今年はサウナが大幅にパワーアップ!激アツのモデルも多数なので、10月のキンキンに冷えた多摩川源流を120%楽しめるはずです!日本ではここでしか入れないサウナもたくさん登場するので、ぜひコンプリートしてください!

 

▼Walrus (ロシア)

キルトのような断熱材が入った3層式のテントサウナ。マイナス20度環境のロシアのハードユースに耐える、世界最強クラスのパワーを誇る。NF×Sauna Camp. in 森、道、市場で使用したブラックモデルです(オーナー:Sauna Camp.)

 

▼Walrus SKY ( ロシア)

なんと天井が窓になったモデル!星空を眺めながらのサウナキャンプが楽しめます。ロウリュしたら曇りになるかな?自然を一層感じられる日本未上陸モデルを初披露です(オーナー:Sauna Camp.)

 

▼Walrus MAX ( ロシア)

ウィスキングでも効果を発揮するビッグサイズモデル(日本未上陸)。ストーブを最大2機まで入れられるガチ勢向け。(オーナー:Sauna Camp.)

 

▼Mobiba MB-10 ( ロシア)

ロシアのメジャーブランド。シングルウォール、フレームを用いたドアの構造が特徴的。MB-10はフルスペックのスタンダードモデル。(オーナー:ポニョリオン)

 

▼EX-Pro (ロシア)

キューブ状のテントサウナ。折り畳み傘のようにバサバサ広げるだけで設営できる。断熱材入りの幕、キューブフォルム、雪上に映えるカラーリングが特徴。(オーナー:安藤巖乙)

 

▼Savotta (フィンランド)

2人用のテントサウナは、まるで現代アートのような雰囲気。内側に篭れるような構造と、空間に対する熱量が魅力。(オーナー:モヒカン from S.O.T)

 

▼ATTU.lol( 日本)

DIYテントサウナの日本トップランナーが作りあげた究極のテントサウナ。海外製品にはない細やかなアイデアが豊富に取り入れられている。(オーナー:ATTU.lol)

 

▼Enthalpy3(日本)

昨年のSauna Camp FestivalでDIYサウナの魅力にとりつかれた「山梨サ活倶楽部」が作り上げた世界最高クラスの超高温テントサウナ、Enthalpy3(エンタルピ)。テントというよりもはや羽毛布団。異常な断熱性能をご堪能ください(オーナー:山梨サ活倶楽部)

 

▼サウナトラック(日本)

走るサウナ・コタとも言えるDIYサウナ。独創性溢れるデザインと、超本格的なサウナ体験が手軽に楽しめるのが魅力。音楽に合わせてロウリュの杯数を増やす「パーティロウリュ」も人気。(オーナー:チルパリ)

and more…?

 

▼交通:ラッコバスは今年も運行決定!

超絶大好評だった「草加健康センター」ラッコバスの無料送迎サービス、今年も継続していただけることになりましたーー!!サウナキャンプフェス会場まで無料でご乗車いただけます!草加健康センターさま、ありがとうございます! 

新宿発着ラッコバス
今年は草加大満喫プランを設定。金曜日に草加健康センターへ宿泊し、土曜日の朝にラッコバスへ乗って会場へ、終了後に都内or草加へ戻ります。草加宿泊してサ道みる→サウキャンフェス→草加でシメサウナという最強プランです!
(2019.09.05 訂正)
諸事情により、ラッコバスも新宿発着となりました。AM9:30新宿スバルビル集合、DAY1終了後に会場→新宿→草加健康センターの順に運行いたします。あらかじめご了承ください。

新宿発着バス(通常バス)
新宿発着のバスも出していただくことになりました!こちらはコミューターバスとなります。どちらのバスも日帰りの方が対象ですのでご了承ください。

お車でご来場の方へ
自家用車でご来場の方は、今年は駐車券制度にしようと考えています(0円です)。去年パンクしかけてしまったので、台数制限を設けさせていただきますので、あらかじめご了承ください!相乗り募集は公式でもご協力いたします!

 

▼宿泊:少人数も利用しやすい相部屋プラン

前回いただいたご意見で、参加人数に対してコテージが10人用など大きく、利用しにくいというものがありました。そこで今回は相部屋方式を取らせていただければと思います。宿泊希望をこちらで取りまとめて、相部屋でご利用いただこうと思います。出来るだけグループはまとめられるように努力しますので、よろしくお願いします!もちろんキャンプ泊も大歓迎です。

 

▼フード、コンテンツ、グッズ:Coming Soon!

スパイスカレー、薬膳、ジビエ、珈琲、移動図書館、クリスタルボウル演奏、マッサージ…。アフターサウナをさらに充実させる出展ブースが盛りだくさんです。さらにサウナコンテンツも準備中。ウィスキング、フィンランド産アロマ、薬草サウナなど、街のサウナでは体験できないものを準備中。詳細は第二弾の発表で行います!

 

▼去年参加していただいた皆様へ

昨年は本当に手探りの状態でスタートし、皆さんの「できることはやるよ!」というマインドに本当に助けられました。結果として本当に幸せな空間となりましたが、反面で課題もありました。予算がなさすぎて小菅村のNPOさんにはほぼボランティアで手伝っていただき、サウナスタッフも休憩ナシで交通費も満足に出せず、食事代は実費を徴収するほどでした。「あと5人当日キャンセル出たら赤字確定」のような状態で、健全とは程遠かったです。申し訳ありません、今年は2日間通し券で6000円に価格改定させてください!ゴミ箱をもっと置いたり、音響ととのえたりしたいです!どうぞご理解のほどよろしくお願いします!

 

▼さいごにメッセージ

この一年でテントサウナを巡る環境は大きく変わってきました。個人ユーザーがたくさん増え、企業イベントもたくさん行われ、以前よりもメジャーな存在になってきている実感はあります。

いろんな広がりがあっても、Sauna Camp.のやりたいことは当初から変わっていません。「テントサウナから自然の水風呂にダイブする気持ち良さを知ってほしい」。このシンプルなメッセージが届けばいいなと思っています。Sauna Camp.はテントサウナの経験はたくさん積んだものの、やっぱり自主開催イベントはまだまだ未熟です。甘えてしまって申し訳ないですが、一緒に手伝ってくれたら嬉しいです!

去年はバタバタと会場を走りながらも、グッとくる光景をたくさん見せてもらいました。テントサウナで出会ったサウナ好き同士が仲良くなったり、薪くべをお客さんが手伝ってくれたり、焚き火を眺めてまどろんでいたり。そんな光景がまた見られたら、きっと次の年も開催できると思います。そして願わくば、テントサウナ楽しい!って感じる人が少しでも増えてくれたら嬉しいです!サウナを愛してやまない紳士淑女のみなさま、ご来場お待ちしております!

 

▼開催概要

日時:2019年10月5日(土)〜6日(日)
募集:2019年9月7日AM10:00〜募集開始(先着順)
場所:山梨県小菅村「玉川キャンプ村」
定員:140名
宿泊:バンガロードミトリー
料金:2日通し券6,000円(宿泊の場合は別途)
主催:Sauna Camp.
協力:玉川キャンプ村、NPO法人多摩源流こすげ

参加チケット申し込みフォームはこちら!
https://saunacamp.net/scf2019/

おすすめ記事