コツをつかめば簡単!テントサウナの設営方法

テントサウナの設営はポイントを抑えればカンタン!
Savottaテントサウナのユーザー必見!設営マニュアルです。

 

テントサウナ設営は手順が大事

今回紹介するのはSavotta「Small Sauna Tent」の設営方法。
冒頭からアレですが、これキャンプギアとしてみると、
そんなに丁寧な作りじゃないです!笑

はじめて建てた時、ものすごい時間かかったので、
キャンプ慣れてない人とかもう絶望なのでは…
そう思い、設営の手順をまとめておくことにしました。

 

テントサウナの不足パーツがないかチェック

収納袋の中には以下のものが入っています。
不足しているものがないかチェック!

・幕体
・センターポール1本
・サブポール6本
・スチールペグ6本

 

ちなみにストーブはこの内容。
煙突もカゴも全部ストーブ内に収まるの素晴らしい!

 

【0】超基本!場所探しは重要!

Savottaのテントサウナは、
安定性がバツグンに良いわけではないので、
なるべく平らな場所での設営をオススメします!

湖畔は傾斜地が多いので苦労するため、
スコップを持参すると多少の整地ができて便利です!

 

【1】幕体をきれいに広げる

まずはテントサウナをキレイに広げます。
そして、サブポールをテントの中心からみて
一直線になるように地面に置いておきます。

 

【2】サブポールの先にペグを打つ

サブポールの先の地面にペグを打っていきます。
これ、手順としては結構重要です。

 

サブポールの高さと同じ距離にペグダウンすることで、
理想とされる直角二等辺三角形になり、
テントが非常に安定します!

このテクニックはタープなどでも応用できるので、
覚えておくと非常に便利です!

 

【3】ペグにガイロープをひっかける

ポールをセットする前に、
あらかじめペグにロープをひっかけておきます。

ちなみにSavotta純正のロープはほぼ麻ヒモなので、
ちゃんとしたガイロープに換えた方がいいです!笑

 

【4】センターポールをセットする

ペグにロープをかけた状態でセンターポールをセット。
あらかじめペグにロープをかけておくことで、
ロープにある程度テンションがかかり、
センターポールだけでもそれなりに安定します!

 

【5】テンション調整&サブポールセット

中にサブポールをセットしつつ、
外側からロープにテンションをかけて、
テントが安定するように調整していきます。

 

【6】内側に石をいれるとよりGood

Savottaのテントサウナは、
国内のアウトドアテントに比べるとだいぶ雑…。

正しく設営しても安定性がちょっと不安なので、
強風に備えて大きめの石をいれてやると安定します。
これ必ずやってるので、ここまでセットですね!

 

テントサウナ完成です!

無事にテントサウナが建ちました!
慣れてくればだいたい20分くらい!

こうして書いてみるとすごく簡単そう。
初めて設営したときは苦労したなぁ…。

設営人数は2~3人いれば十分だと思います、
1人はやったことないですが、
無風状態なら行けるかな…ちょっと自信ないですが。

 

設営動画、撮ってみました!

今回の設営の様子をタイムラプスで撮影しました!
設営の雰囲気が伝わればうれしいです!

それでは良いテントサウナライフを~!

 

Text&Photo / Sauna Cool

※一部画像はSavotta社HPより引用しています

おすすめ記事