次のキャンプギアに「テントサウナ」を薦めたい理由

サウナキャンプを何度か経験して実感したのは、

 

サウナーよりキャンパーの方が、圧倒的に導入ハードルが低い」ということ。

 

キャンパーこそハマるのでは!? 今回はそんな話です。

 

テント&コンテナ程度の積載で、野外サウナは実現する

引用:Savotta社オフィシャルHP

 

テントサウナの構成は、耐熱テントと薪ストーブというシンプルさ。

 

つまり、普段のキャンプの車載に潜り込む余地が十分あるということ!

 

これだけでグッと近い存在になるんです、
なぜならキャンパーは常に車載スペースと戦う存在なので!!

 

キャンプギア沼レベル1は、一通りのギアをそろえること。
キャンプギア沼レベル2は、車載テトリスを極めることなんです

 

 

キャンプのアクティビティとして秀逸

キャンプはのんびり過ごす人がほとんどですが、
マンネリを感じることもしばしばあります。

 

テントサウナを使った「サウナ」は、
アクティビティとして物凄く秀逸だと思います!!!
(個人の感想…でも異論いう人と仲良くできる自信ない)

 

ダッヂオーブン料理は数時間かかったりするので、
その間にサウナで遊び、ととのい後に食事する。

 

サウナ好きキャンパーは、もう半身乗り出してますよね。

 

 

キャンプギアとして、考えられない価格ではない

引用:Savotta社オフィシャルHP

 

近年、一部キャンプ愛好家に「in out」という概念が広まっています。

 

家具や調理器具を、家でもアウトドアでもシームレスに使う
そう考えればテーブルに6,7万円出せるよね、というもの。
(これに関しては、異論ある人とも仲良くできます)

極端なものではソファや本棚を、キャンプに持ち込む人もいます
リビングを再現したような洒落者キャンパーは増加の一途です。

 

そもそも良いキャンプ用品はそれなりに値が張ります。
テントもコットン製なら20万くらいはザラ、
すべてのギアを入れると3ケタ万円の方もザラにいます。

 

詳しくは購入編で記載しますが、
筆者はsavottaテントサウナを8万円くらいで買いました
感覚的には、ちょっといいタープくらいの値段です。

 

どうでしょう、一気に現実的になってきませんか!?

 

※購入当時の値段なのであくまで参考程度です!

 

 

ぜひ次買うキャンプギア候補にしてほしい

 

サウナキャンプで快適な時間を過ごすためには、
ある程度のキャンプ装備があったほうが絶対に良いです。

 

日除けタープやテーブル、チェアなど、
自然の中で快適に過ごす道具がないと、
キャンプ慣れしててもツラいです。

余談ですが、テントサウナでも一応寝れます。
気象条件などにもよりますが、フロアレステントも割と快適です。

「キャンパーがサウナーをサウナキャンプに連れ出す」

 

これが案外、普及に近いカタチかもしれません。

キャンパーにとってテントサウナは絶対アリです!

 

Text / Sauna Cool
Photo / Kohei Soeda , Sauna Cool

おすすめ記事